トップ > コラム > 建築物の単位。畳とは?坪とは?

 

建築物の単位。

畳とは?坪とは?

 住宅や建築物を計画、建設するためには大きさを判断するための単位が必要です。土地や建物の不動産広告には㎡(へいべい)や畳(じょう)、坪(つぼ)といった表現が使われます。何気なく使うこれらの単位を整理したいと思います。

※記事中の畳、坪は不動産売買などで一般的に使用されている「関東間(江戸間)」の寸法です。地方地域により畳、坪の考え方は異なる場合があります。


建築物の基本単位

 住宅や建築物を建設するための各種申請や契約、設計図書の基本単位はメーター法です。一般的に長さを表す単位としてキロメートル(km)、メートル(m)、センチメートル(cm)、ミリメートル(mm)ですが、この中でも建築の長さを表す単位にはミリメートル(mm)を使用します。

 

 設計図書や施工図といった”図面”と呼ばれるものに記載されている数字において、単位が記載されていないものはミリメートルとなります。

 

 一方、面積を表す単位はへいべい(㎡)をもちいます。ご存じの通り1㎡は1m×1mですので、図面に記載される単位に置き換えると1000(mm)×1000(mm)が1㎡になります。


日本の慣習「尺」単位

 さて、メーター法をもちいる(もちいなくてはいけない)のは各種の申請や契約の書類においてですので、それ以外、実際の建築現場や不動産広告においてはまだまだ別の単位が使われます。それが冒頭にも出てきた単位「畳(じょう)」や「坪(つぼ)」です。

 

 よく「建て坪は○○坪」や「リビング○○畳」という言い回しを聞いたことがあるかと思います。これは古来の長さの単位「尺=約 303mm」に由来する面積の表現単位で、建築の世界ではまだ慣習として日常的に使われています。

畳と坪

「畳」と「坪」

 では「畳」や「坪」はどういった単位なのか?「畳」は主に部屋の大きさを表す際にもちいられる面積の単位で、一般的にタタミ一枚分が「一畳」と認識されています。「尺」がメーター法では割り切れない数字なので、値はすべて近似値となりますがメーター法に換算すると「一畳 =約 910mm(91cm)×1820mm(182cm)」です。

 

 「一畳」を「へいべい」に換算すると「約 1.65㎡」となります。つまり「六畳 の和室=約 9.9㎡」「八畳 の和室=約 13.2㎡」「20畳 のリビング=約 33㎡」です。㎡では割り切れない単位なので、ちょっとわかりづらいですね。

 

 次に「坪」ですが、これは主に建物自体の大きさを表す場合にもちいられる面積の単位です。一坪がタタミ二枚分、つまり「一坪=二畳」となります。メーター法に換算すると「一坪 =1820mm(182cm)×1820mm(182cm) = 3.31㎡」となります。

 「30坪の敷地」といわれたら約「100㎡」の敷地(厳密には99.…㎡ですが)ということになります。

畳と坪

統一できない面積の単位

 上で述べたように面積の単位だけで「㎡」=メーター単位、「畳」「坪」=尺単位があります。公文書は「㎡」が基本わけですから、㎡に統一したいところですがそうもいきません。

 

 日本の建築物をかたちづくる材料が「尺単位」を基準につくられているのです。天井や壁、床の下地材であるベニヤ板や石膏ボードは 910mm×1820mm の寸法を基準につくられています。

 そのため、特に木造の住宅は 910mm を基準単位としてつくられているのです。つまり、単位を統一するためにはあまた種類のある材料の規格そのものを見直さなければならず、現実的ではないのです。

 

 今回は住宅や建築物の基準となる単位「畳」と「坪」を取り上げました。是非ご参考ください。

 

(最終更新日 2018/04/23)

(更新日 2014/12/22)

(更新日 2014/11/14)

(作成日 2014/09/22)

関連記事

  • 収納の考え方
  • 建築基準法とは