トップ > コラム >注文住宅の主な構造体。「鉄骨造(S造)」の住宅

 

注文住宅の主な構造体。

「鉄骨造(S造)」の住宅

 注文住宅を建築する際に採用される、主要な3つの構造体「木造」「鉄骨造(S造)」「鉄筋コンクリート造(RC造)」のなかから『鉄骨造(S造)』を取り上げて解説します。

住宅に採用される「鉄骨造(S造)」構法の種類

 鉄材や鋼材をもちいる構造体です。木材よりも強く鉄筋コンクリートよりも軽いため少ない柱の本数で大面積をつくることができます。鉄骨造でも主に「ブレース構造」と「ラーメン構造」の2種類があります。


建物を柱と梁、筋交いで支える「ブレース構造」

 「ブレース構造」は木造の在来軸組構法と同じように柱、梁、筋交いで支える構法です。人の重さや地震の縦の揺れなどの垂直方向の力に対しては「柱」と「梁」で負担し、風などの横揺れに対しては「筋交い」と呼ばれる斜めの部材で水平方向の力を負担します。

 

 木材よりも鉄骨材のほうが強度があるため、木造軸組構法に比べ同じ面積でも柱を少なくすることができ、平面プランの自由度が上がります。

鉄骨造のブレース構造

建物を柱と梁で支える「ラーメン構造」

 「ラーメン構造」は柱と梁を強固に固定し筋交いを設けない構造形式です。外部からの垂直、水平の力を共に強固に固定した柱と梁で負担します。ブレース構造に比べて柱の一本一本が太くなりますが、格段に柱の本数を少なくすることができます。

鉄骨造のブレース構造

「鉄骨造」のメリット、デメリット

 木造や鉄筋コンクリート造に比べて、引っ張りに強いのが特徴です。木造よりも材料の強度があり、鉄筋コンクリートよりも軽いため少ない柱の本数で大きい面積をつくる場合に適しています。ブレース構造は中低層建築(1~3階)向き、ラーメン構造は中高層建築(3階以上)向きです。

 

 材料自体の強度は高いのですが、部材と部材を接合する(ひとつなぎの部材としてつくれない)構造体のため体感的によく揺れます。建築コストは木造と鉄筋コンクリート造の中間です。


 今回は『鉄骨造』を取り上げました。

 住宅の『構造体』である「木造」「鉄骨造」「鉄筋コンクリート造」それぞれに特徴、特性があります。計画にピッタリと適したものを選択することが重要です。

 

(最終更新日 2014/11/14)

(作成日 2014/9/25)

関連記事

  • 鉄筋コンクリー(RC)造の注文住宅
  • 木造の注文住宅
  • 構造体の基礎