トップ > コラム > 注文住宅の主な構造体。「鉄筋コンクリート造(RC造)」

 

注文住宅の主な構造体。

「鉄筋コンクリート造(RC造)」の住宅

 注文住宅を建築する際に採用される、主要な3つの構造体「木造」「鉄骨造(S造)」「鉄筋コンクリート造(RC造)」のなかから『鉄筋コンクリート造(RC造)』を取り上げて解説します。

住宅に採用される「鉄筋コンクリート造(RC造)」構法の種類

 「鉄筋」と呼ばれる鉄の棒を格子状に組み、そこに「コンクリート」を流し込み形作る構造体が『鉄筋コンクリート造(RC造)』です。引っ張る力に強い鉄材と圧縮の力に強いコンクリート材のいいところを合わせた構造体です。主に「壁式構造」と「ラーメン構造」の2種類があります。


建物を壁と床で支える「壁式構造」

 「壁式構造」は建物を壁や床といった”面”で支える構造方式です。「柱」や「梁」といった見た目が太い部材は使わず、コンクリートの「壁」と「床」だけで形づくられています。

 

 コンクリートの外側から見ただけではわかりませんが、構造体となる「壁」と「床」には普通の壁や床よりも多くの鉄筋が配置されています。構造体を薄くつくれる反面、後述の「ラーメン構造」と比べると大規模、高層の住宅には向きません。

構造概要

建物を柱と梁で支える「ラーメン構造」

 鉄骨造(S造)のラーメン構造と同じで、柱と梁で建物を支えるのが「ラーメン構造」です。「木造」や「鉄骨造」と比べるともっとも柱と梁が太くなりますが、より強固な構造体をつくることができます。

構造概要

「鉄筋コンクリート造(RC造)」のメリットデメリット

 コンクリートの特性として火に強く、防音性も高くい住宅をつくることができます。柱と梁を一体につくることができるので、構造体としては3つの中で一番強固です。

 

 強固な反面、自重が重く鉄骨造ほど柱を少なくできません。壁式構造は中低層(1~3階)向き、ラーメン構造は中高層(3階以上)向きです。建築コストは 100万円~/坪といった工事予算が一般的です。


 今回は住宅ではもっとも一般的な『鉄筋コンクリート造(RC造)』を取り上げました。

 住宅の『構造体』である「木造」「鉄骨造」「鉄筋コンクリート造」それぞれに特徴、特性があります。計画にピッタリと適したものを選択することが重要です。

 

(最終更新日 2014/11/14)

(作成日 2014/9/25)

関連記事

  • 鉄骨造の注文住宅
  • 木造の注文住宅
  • 構造体の基礎