House O


群馬県の郊外に建つ個人住宅です。

建て主は若い夫婦二人に子供一人の三人家族。田園地帯の風景を借景にした開放的でのびのびした住宅です。

見晴らしの良い環境を活かす

元は広大な農地であった土地の一部を宅地に変更することから計画がスタートしました。見晴らしの良い西側の農地、生活道路に接する東側、隣家まで距離が離れている南北側。敷地のロケーションを活かした住まい方を提案しました。

南西面ファサード
南西面ファサード。見晴らしの良さを活かすため、窓を多くとる

開放的な外観デザイン

広大な田園が広がる西側は開口部を多くとり、見晴らしの良さを活かしています。一部の開口部は、必要な構造耐力のための筋交いを露出させデザインに活かします。また、木造のモジュール(柱の割り付け)を活かすことで、ガラスサイズを制限し、建設コストにも配慮しました。

道路側はプライバシーを確保

西側は開放的につくる一方、生活道路に面する東側は壁をつくりプライバシーを確保しています。東西のファサードそれぞれの性格を変えることで、見晴らしの良さを活かすことがこだわったポイントです。

プライバシーを確保した東面ファサード
プライバシーを確保した東面ファサード

建物は南北に棟がある切妻形状。胸の位置を南北それぞれ変えることで、変形した切妻屋根の独特な形状です。

屋根と外壁はガルバリウム鋼板、一部に木材と窯業系サイディングを使用。

開放的な室内をつくる

寝室など個人のスペースや水廻りは壁で囲い、リビングやダイニング、廊下などの家族のスペースは窓を多くとることで、景色を望む見晴らしを確保しました。

囲われた部屋と開放したスペース。2つの特性の空間をつくることで、こだわりの住まい方を実現しています。

リビング
リビング

家族をつなぐ吹き抜け空間

リビングやダイニングの上部は吹き抜けている天井の高い空間。吹き抜け同士と2階の廊下がつながることで、家族の気配をいつでも感じることができます。

2階
2階。廊下はブリッジ形状

様々な「場」をつくる

吹き抜けたリビング、ブリッジが横断するダイニング、眺めのよい2階。いろいろな「場」をつくり、視線のつながりをつくることで、開放的な住宅をつくりました。

Data

2020年完成 / 個人住宅/ 延面積127㎡(38坪) / 木造2階建 / 群馬県 / 構造設計:桑子建築設計事務所 / 撮影:荒木文雄(※を除く) / 施工:関口建設

3,000万円台(設計料、建物、外構)


House O パノラマ画像